2016年06月30日

初めまして。三宅です!

初めまして!
矢部と交代でブログを更新する事になりました管理部の三宅です。

今日は私の自己紹介として趣味の話をしたいと思います。
私の趣味はおいしいものを食べることとアイドルを応援すること!!

恵比寿はおいしいお店がたくさんあって
ランチの時間にお店を開拓中です!

今日も管理部のメンバーでお店開拓♩
COM FOR TABLE EBISUに行ってきました。
http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13147022/
全員で特製焼肉サラダランチを注文。

image-d5880.jpeg

というのもここのお店ランチメニューが
1つしかないんです。

サラダでおなか一杯になるの?
とお思いのあなた!!

管理部4名中完食できたのは1名のみ。
意外とボリュームがあるので
男性の方にもおすすめです。
実際に店内にはサラリーマンの方もいらっしゃいました!

会社からも近いので説明会や面接の前後にぜひ行ってみてください。

他にもまだまだオススメのお店があるのでトラントにお越しの際に
「お昼ご飯どうしよう…」なんて時はお声がけください!
ランチコンシェルジュ三宅がオススメのお店をご紹介します!


アイドルのお話もしたかったのですが
アイドルの話はまた別の機会に…
posted by トラント at 20:52| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月29日

セキュリティの常識が変わる?!

みなさんこんにちは!
採用担当の矢部です。

webなどでログインする時に、
IDパスワードが求められますよね?
パスワードは定期的に変更していますか?
これまでは定期的なパスワード変更が常識でしたが、
その常識が変わるかもしれないという記事が。

 アメリカの科学研究機関NIST(米国国立標準技術研究所)
のコンピューターセキュリティ担当部門、CSD(Computer Security Division)が発行した文書
「800-63B」が注目を集めています。
デジタル認証のガイドラインとして書かれたもので、
パスワードに関する項目に、「パスワードの定期変更はすべきでない」と明記。
セキュリティの常識を変える可能性があります。

焦点となった文言は、「5.1.1.2. Memorized Secret Verifiers」に記載。
「ユーザーが攻撃を受けたとの証拠の下に変更を要求した場合を除き、
認証側は定期的にパスワードの変更を求めるべきではない」と述べられています。
パスワードの定期変更を促すWebサービスは多いですが、
ユーザーが前のパスワードに数字を加えるなど、
予測しやすい変更を行ってしまいがちなのも事実。
そういった観点からの記述と思われます。

 同項目では、例えば「最初に飼ったペットの名前は?」といった、
いわゆる「秘密の質問」についても否定。
パスワードのヒントとなるものに、
本人以外のアクセスを許可すべきではないとしています。

CSDの文書は、アメリカの政府機関が行うセキュリティ対策の指針として用いられており、
世界中の政府機関や民間企業が参考としています。
今回の文書はまだ草案の段階ですが、これを機会に、
IDとパスワードだけに頼らない、
指紋やトークンを用いた多要素認証を導入する機運が高まるかもしれません。
(ねとらぼより引用)

これまでの「当たり前」がそうではなくなるかもしれないですね。
今後の動きにも注目です!


posted by トラント at 23:48| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

群像の感覚

みなさんこんにちは!
採用担当の矢部です。

昨日自宅で「林先生が驚く初耳学」をテレビで
観ていて思わず唸ったことについて。

番組では事前に東大生女子にお悩みアンケートを取っており、
それに答えるような形での講義がありました。

お悩みは「『東大卒だから』と、周りからのプレッシャーが凄い」ということ。
まあ、それはあるでしょうね。
もしかしたらやっかみも含めてそういうこと言われるかもしれません。

これに対して、社会に出てからは「東大卒だから」なんて関係なく、
「仕事ができるかできないか」で判断されると。
そして「社会で活躍するために必要な能力」として、
「問題を『解決』する力」と「新しいものをつくる『創造』力」を挙げていました。

確かにその通りですね。
どんなに素晴らしい学歴や経験をしてきていても、
何の解決もできず、何も生み出せなければ社会に出たときに何の意味もないかもしれません。

そして社会に出てから大切になるのが
“群像の感覚”だと。

「群像」の中に自分を置いてみて、
自分がどういう状況でどの役だったらできるのかを
客観的に見る目がないと社会では生きていくのが大変だとのこと。

群像の感覚とは社会に出た時に自分の強みは何なのか、
そして自分の実力が周囲と比べてどこに位置しているのかを
客観的に見定められる能力のことなんだそうです。

確かに自分が周囲にどう思われているのか?
何ができていて何ができていないのか?
自分ができると思い込んでいることと、
本来自分ができることとの間にズレが生じているのに
そのズレを自覚できていないまま自分を押し通してしまうと
いわゆる勘違いした人…
周囲の信頼を得られなくなってしまいます。

う〜ん、納得。
ものすごく観ていてハラオチ感がありました。
自分が今どういうポジションにいるのか
何が弱くて何が強いのか、
そこから何を変えていくべきなのか
現状の自分を知らないと、今自分に求められている役割や
改善していくべきことも把握できないですよね。

意外と自分のことは客観視できていなかったりするもの。
みなさんは、この“群像の感覚”はありますか?


posted by トラント at 14:14| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月24日

可能性

みなさんこんにちは!
採用担当の矢部です。

いつものようにニュースをいろいろと見ていたら。
セコムでドローンを使った夜間警備を始めるとのことです。

決められたルートを定期巡回しながら窓などを撮影していき、
この画像を正常時の画像と照合し、窓ガラスが割られていたり、
不審物が置かれていたりと変化のある箇所を自動抽出するんだそうです。

また、先月あたりにAIを搭載したドローンで遭難者の捜索を行う
レスキューシステムも実用化に向けて動いているという記事も見ました。

少し前には、ドローンに対するネガティブなニュースも多くありましたが、
正しい使われ方をすれば便利になったり人命救助にも関わるものになったりするんですよね。
これからはドローンがなくてはならないものになるかもしれません。

どんな物事にも表と裏があって、プラスにもマイナスにもなり得るもの。
大切なのはそれを利用する人。
私たちが使い方を間違えなければ格段に便利で素晴らしい世の中になるのだと思います。

と、ついついドローンに関するニュースは気になってしまいます。
なぜなら、I県の私の実家にはなぜかドローンがあるから(笑)
限りなくラジコンに近いオモチャみたいなものですが。。。
父親が何を思ったか今年の年始頃急に買ってきたので、
家族で飛ばして遊んでいました。(笑)

以外と操縦が難しくあっという間に我が家でのブームは去りましたが、
本物のドローンはこれからますます注目です!


posted by トラント at 21:44| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月23日

サンクスカード

みなさんこんにちは!
採用担当の矢部です。

先日、トラントのアプリがリリースされました!
現在はまだテスト段階ですが、楽しくて日々使っています。

そもそもサンクスカードとは何かというと
日々の「ありがとう」を社員同士で送り合うトラントの制度です。

これまではメッセージカードに書いて渡していたのですが、
アプリ化することによっていつでもどこでも誰に対してでも
リアルタイムで送れるようになりました。

トラントでは行動指針がいくつかあり、そのひとつに
「人とのつながりを大事にし、謙虚・感謝の心を持つ」
というものがあります。

誰かが自分にしてくれたことに感謝し、
次は自分が誰かに対してその行動を起こす。
そうすればどんどんプラスに作用していきますよね。

「ありがとう」の力ってすごくないですか?

posted by トラント at 19:32| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする